~私たちがシカ肉をお薦めする理由~

●シカ肉の安全性
 シカ肉は、牛肉や豚肉、鶏肉などに比べ安全な肉といわれています。
 その理由としては、シカは基本的には野生のため、上記であげた家畜肉のように抗生物質やホルモン剤等の薬物の多様ができません。
家畜と野生の違いが一番の大きな理由であるとも言えるでしょう。
そして、当社製品は全て北海道白糠産の野生エゾ鹿肉を使用し、衛生管理を徹底しています。
 シカ肉は別名「もみじ」と呼ばれ、脂肪が少なくとてもヘルシーで健康的な肉で知られています。
 ちなみに馬肉は「さくら」、猪肉は「ぼたん」と呼べれています。


●徹底した品質管理
 仕留められたエゾシカは速やかに解体工場へ運ばれ肉質を損なわない解体処理をします。
 まず徹底して血抜きを行い、野生の肉特有の生臭さを取り除きます。血抜き後には、低温でじっくり熟成させます。
これらの行程ににより、うまみ成分を多く含んだ肉質に仕上がります。
 この行程段階は、衛生面を第一に考え、徹底した温度管理のもと解体処理ラインと肉製品の製造ラインを完全に分割、 安全性を最も重視し、生産をしております。もちろん食用と同じ行程で生産しています。


●シカ肉の栄養素
 シカ肉は、豚肉や牛肉に比べて、カロリーは約3分の1、脂質は15分の1程度ととても低いのに 消化酵素をはじめ多価不飽和脂肪酸が含まれ、鉄分も牛や豚に比べ約9倍含まれており、
ヘルシーなのに高タンパクというペットに与える肉として栄養面でも大変優れています。
 さらには肉なのに、目や脳に効果があると言われる、青魚などに多く含まれるDHA(ドコサヘキサン)も含まれています。
シカ肉は低カロリー、低脂肪でいて栄養素が大変豊富なのです。
また、シカ肉は食物アレルギーの原因になりにくく消化の良いタンパク質です。



●消化酵素の生成を助ける鹿肉

 生物には生きていく上で消化酵素が必要となります。もちろん私たち人間も普段食べているものから酵素の生成を助けるものを摂取しています。
消化酵素とは、食べた物を消化、分解してくれる、生きていく上では非常に大事な酵素です。
 ただ、消化酵素は熱に弱く、熱調理した食物にはほとんど含まれていないのです。
 ワンちゃんはどうでしょうか。通常ドライフードは熱調理した物なので、それらは含まれていないのがほとんどです。ですからドライフードばかりでは、消化酵素の不足が心配されます。
 消化酵素が少ないと、太ってきたり痩せたきたりと顕著に体に変化が出てきてしまいます。
 シカ肉を与えると言うことは、消化酵素の生成を助け、栄養をバランス良く摂取するためにも最適な肉と言えるでしょう。


●ワンちゃんは何系なの?? 肉食??雑食??それとも今流行の草食系??

 いまやペットは家族同様、家族の一員として私たちと共存していますが、犬の祖先はオオカミであったという説があります。 野生のオオカミは野生動物の馬やシカを餌として食べていたそうです。
 現実にある問題として、北海道でエゾ鹿が増えている理由として、天敵のオオカミが絶滅してしまったという原因もあるようです。
トラやライオンもそうですが、野生動物はまず柔らかい部分に食らいつき内蔵を食べるのです。
それは肉食動物故に不足する栄養分を草食動物の内臓を食べることにより、栄養をバランス良く補給することを彼らは本能的にしていたのです。 ワンちゃんは限りなく肉食に近い、雑食系の動物と言えるでしょう。

現代に生きているワンちゃんは、飼い主から与えられる食事を頼りに生きています。 いま一度ワンちゃんの健康について考え直してみませんか?


●給仕方法

 まず、生肉の場合はそのままフードに混ぜて与える、半生の状態でフードに混ぜて与える、手作り食にトッピングする等あります。
 上記にも記しましたが、消化酵素の摂取を期待する場合は、生または半生状態での給仕をお薦めしています。  しかし、今生きているワンちゃんのほとんどはドライフードでの食生活が基本となっていると思います。生食をする場合は慣れさせることも非常に重要ですし、稀に生食が苦手なワンちゃんもいます。そういう場合は1~2週間くらいの間隔で火を通した物から与えて、徐々に生食に近づけていくことが大事です。  そういった場合やどうしても時間がないという方には、レトルト商品、缶詰商品をお薦めしており、完全に火の通った状態での給仕が可能なのでこちらをお薦めしています。    ヘルシーなエゾ鹿ですので、エゾ鹿製品はカロリーが低いのも特徴的です。
現在与えているドライフードを少し減らして、鹿肉をトッピングしてあげるだけで摂取カロリーを落とすことも可能です。  おやつ製品も他の肉類製品などに比べ、カロリーが低いのが特徴です。  現在鹿肉を使用したレシピやトッピングの割合をわかりやすくした表なども作成中です! もうしばらくお待ち下さい。

●ご購入頂いたお客様からの声



【Britannia(ブリタニア)】よくある質問はコチラ


↓↓↓商品ページはコチラ↓↓↓



↓↓↓冷凍商品はコチラ↓↓↓




☆現在与えているフードは何ですか??
 ワンちゃんの肥満気味、体調不良や、アレルギーを心配になってこのページをご覧頂いている方も多いかと思います。もちろん動物病院などで精密検査してみることも非常に重要です。

 普段ワンちゃんに与えているフードをもう一度よく見てみましょう。
 ドライフードに使用されている原材料は何なのか、添加物は何が入っているのか、ライフステージに合ったフードを与えられているかどうか等々。
 もちろん過度に敏感になりすぎることは禁物ですが、ワンちゃんにとって何が一番いいのかよく考えてあげて下さい。
 普段与えているドライフード、アレルギーにも目を向けましょう
詳しくはコチラをクリック